2020/03/07 11:10

ジクレーとは高細密印刷のことです。

通常のカラーコピーやオフセット印刷のようにCMYKの4色のかけ合わせで階調を表現するのではなく、顔料インクを紙に吹き付けて着彩するため非常に細かい階調表現が可能です。カラーコピーまたはオフセット印刷の一部を拡大して見てみると、細かい網点が見えると思いますが、ジクレーにはそれがありません。

ペンタブレットで細密に描かれたデジタル絵画の場合、水彩やドローイングなど他の紙媒体の作品に比べて高精度に感じるかと思います。


また、ジクレープリントに使われる顔料インクは、耐光性、耐ガス性があり、額装して部屋に飾り続けた場合およそ80年は褪色しないと言われています。参考になるとすれば、ゴッホやピカソなどの有名作家の美術家展に行った時、アートショップで額装された複製画が売られているのを見たことがあるかと思いますが、あれはほとんどの場合ジグレープリント(別名:ピエゾグラフ)です。


ジクレーは、光沢紙、画用紙、和紙、キャンバスなど、様々な紙に印刷することで、多彩な風合いを楽しむことができます。

私の作品は、ジャーマンエッチング、またはフォトラグブライトフォワイトなどの画用紙のような版画紙を使用しており、人間的な温かみを表現したいと思っています。



制作風景。デジタル作品をPCで制作し、1枚のファイルに仕上げた後、ジクレー工房でプリントします。


制作プロセス

https://www.ts-artworks.com/production-process


a day

素敵な日々を